採用情報 精神科専攻医

2019年度専攻医募集は終了しました

募集要項

職 種 専攻医
研修年限 3年
募集人数 2名程度 雇用形態 正社員 (期間:3年間)
応募資格 医師免許を有し、医師法に定める2年間の初期臨床研修を終了した方、または終了見込みの方。
給 与 年俸制 賃金締日・支払日 末日・25日
昇 給 当院規定による
交通費 あり
休日、休暇 季節休暇、年次有給休暇、特別休暇あり
諸手当 当直手当、通勤手当
退職金 あり(3年以上の勤務)
加入保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、介護保険、労働者災害補償保険
勤務時間 9:00~17:30(基本勤務)
特記事項

当直:研修開始から半年後より、月2回程度の当直勤務があります。

応募方法

応募方法

見学は募集開始以前でも随時受付をしています。
電話でお問い合わせの上見学の際には履歴書を、採用応募の際には採用願書および履歴書を、メールまたは郵送にてご送付ください。
精神科医局秘書 福岡 TEL:03-3939-1191
           mail:d-saiyo@mhcg.or.jp
※採用願書および履歴書は当院既定のフォーマットを用いてパソコン上で作成し、
 顔写真は所定の位置に画像データをペーストして下さい。
  履歴書
  採用願書

選考方法
面接

研修プログラムの特徴

成増厚生病院研修プログラム(PDF)をご参照ください。日本精神神経学会のホームページで公示されている情報はこちらからご参照ください。これまで当院における研修を行ってきた方々の出身大学やバックグラウンドは様々であり、各人の持ち味を生かした偏りのない研修がなされています。

専攻医終了後の進路と資格取得

研修終了後の進路は様々ですが、そのまま当院に残り常勤となる方も多いことが特徴です(ただし、その際には別途選考があります)。また、研修制度の開始以降、当院で18名が精神保健指定医、16名が精神科専門医を取得しております(平成31年3月現在)。
豊富な経験症例と21名の常勤精神保健指定医(非常勤は6名)、18名の常勤精神科専門医(非常勤は5名)、13名の常勤専門医指導医(非常勤は4名)(平成31年4月現在)による十分な指導から、上記合格に結びついています。

※医師(専攻医)は当専門研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を結ぶこととなります。

初期研修医の方へメッセージ

専攻医志望のみなさん

院長 中村 満

このたびは、当ホームページをご訪問いただきありがとうございます。

成増厚生病院は、地域の基幹病院として、救急・急性期から回復期、慢性期のリハビリから在宅支援、身体合併症医療、ストレスケア、アルコール依存症治療の入院治療、外来、デイケアなど、たくさんの患者様に幅広い精神科医療を提供しています。

これらのサービスは医師個人の力だけでは成り立つものではありません。われわれが大事にしていることは、他の医師たちはもちろんのこと、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師、臨床心理士、栄養士、検査技師など、すべての職種と協力し、常に最良の方法を模索しながら、考え、行動し、患者さんの回復につなげることであり、絶えず努力を惜しみません。

先生方が当院で研修される場合、そのような場で豊富な症例を経験し、治療チームの一員としてお互いに助け合い、切磋琢磨し、着実に成長していくことができるはずです。最初は緊張した面持ちだった専攻医の先生方が、1年経つと見違えるほど逞しくなり、周りから信頼され、自信をもって患者さんに接している姿は、とても頼もしく思えるとともに、われわれの誇りでもあります。

ともに充実した研修を受けてみませんか。先生方をこころよりお待ちしております。

専門研修を検討されている先生方へ

A3(スーパー救急)病棟医長 天神 雄也

どの病院で専門研修を行うかは誰もが迷うことでしょう。

大学病院、精神科単科病院それぞれ特色があり、どのようなことを今後やりたいのかにより、将来の方向性、選択は変わってくると思います。いずれの方向に進むとしても、精神科医として第1歩を踏み出すためには、まずは指導医の下で臨床能力を磨くことからスタートとなります。

2018年度より新しい専門医制度が開始となりましたが、当院は全スタッフの努力により今や全国の中でも有名な病院へと成長し、基幹病院として豊富な臨床経験を積んでいただくことが可能な体制を整えています。

当院の特徴の1番目としては、コメディカルスタッフが充実しており医師は効率よく仕事を行うことが可能です。2番目としては、当院の電子カルテです。今や全国の多くの精神科病院で当院の電子カルテが使用されており、精神科に特化した大変使いやすいもので、この電子カルテが業務を円滑にする大きな役割を果たしています。医師には本人専用の院内専用ノートパソコンが与えられ、電子カルテにて院内どこでも記録の記載や閲覧が可能です。3番目としては、精神保健指定医、精神科専門医取得後も当院に残っている医師の数が多いことです。多くの病院では資格を取得すると退職する医師が多いようですが、当院は退職する医師の方が少なく、これは当院での働きやすさを物語っていると思います。そのため他の病院では不足している中堅のベテラン医師が多く揃い、またコメディカルも非常に優秀なスタッフが多く、コミュニケーションも良好で非常に勉強になることが多いと思います。

成増厚生病院で研修したことを誇りに思え、全国どこにいっても一目置かれるような医師に成長できるように、我々はサポートをしていきますので、多くの先生方の研修をお待ちしています。

専攻医 二年目

 この文章を目にされているということは、きっと精神科での専門研修を考えておられるのだと思います。

 成増厚生病院の精神科専門研修では、まず1年ずつ異なる精神科救急病棟にて過ごすことになります。そして3年目は各々の希望に沿って相談でき、認知症を専門とした病院や、小児症例を多く扱う病院などでの研修も選択できます。

 救急病棟の2年間では、統合失調症や気分障害から器質性精神病、中毒性精神病、措置症例に至るまで多様な症例の主治医として、患者さんに向き合うことになります。とはいえ、いきなり激務に追われるわけではなく、実際には入職してから徐々に担当患者が増えていきます。必要に応じて上級医と相談できる環境であり、看護師、精神保健福祉士、作業療法士など他職種の方とも連携しながらじっくりと取り組むことで、精神科における実臨床能力の土台を養うことが出来ます。そして実は疾患の字面以上に多彩な生活歴から家族・住環境・サポート体制・アドヒアランスなどなど、本当に多様でどれひとつ同じ症例のない世界であることに気づくでしょう。つまり、エビデンスに基づきながらもひとりひとりに個別の治療が求められる診療科であり、そこが精神科の魅力のひとつでもあるのだと思います。

 精神科専門研修のシステムが変革していく中で、精神科単科病院で研修を行うことに不安を感じられる方もいらっしゃることでしょう。ですが、救急病棟での1年間を終えた今、研修を行うのに過不足のない環境であると私自身確信しています。

 まずは一度見学に来ていただき、当院の雰囲気を感じていただければと思います。お待ちしております。

専攻医 二年目

 成増厚生病院での専攻医をご検討いただきありがとうございます。

 当院の研修では、2つあるスーパー救急病棟(A2、A3病棟)に1年ずつ、3年目はアルコールセンター(A1病棟)やストレスケア病棟(B1病棟)、児童思春期(東京都立小児総合医療センター)、老年期(和光病院)などから希望に合わせてプログラムを組んでもらえます。

 主治医制のため、自身で考え責任を持って治療していく力が身につく一方、分からないこと、困ったことがあれば、すぐ上級医に質問することが出来ます。加えて、同じ病棟の医師だけでなく、他病棟の医師からアドバイスを頂く事も多々あります。医師だけでなく、看護師や精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士などコメディカルとの連携も強いです。主治医制ではありますが、病棟がチーム一丸となって患者様の治療をしていくため、非常に心強く、多くの事を学ばせてもらえます。

 また、症例が豊富です。措置入院も多く、経験・報告に必要な症例も1年目でほぼ受け持つことが出来るほどです。受け持ちの患者数は業務への慣れに応じて徐々に増やしていき、当直は半年後から月2回程度です。勤務日は希望を出すことが出来ます。働くスタッフの精神面・身体面の健康も考えられた恵まれた環境だと言えます。

 詳細は上記「研修プログラムの特徴」に掲載されているPDFをお読み頂ければわかると思います。しかし、文章だけでは伝えられないことも多々ありますので、是非一度当院へ見学にお越しください。

 お待ちしています。