トピックス トピックス

2011.04.04被災地からの患者様受け入れについて

東日本大震災から11日後の3月22日、福島県の被災地で入院中だった患者様4名を当院にてお受け入れ致しました。震災後の混乱が続き、事前情報の入手もままならない状態の中、スタッフにとっても始めての経験となりました。
患者様方は、先方の医師が同乗したバスに乗り、受け入れ先となったいくつかの病院を廻った後、当院へ到着されました。患者様方の体力の消耗を考慮し、複数の医師が同時に診察した上で、二つの病棟にご入院いだだきました。
まずは病棟で休んでいただき、ひと段落したところで身の回りのものを整えました。着のみ着のままの状態でしたので、当院恒例行事のフリーマーケット用のストックから衣類を選んでいただいたり、下着等は購入していただきました。
1週間も経つと、患者様から笑顔も見られ、大分リラックスして過ごされているようになりました。中には患者様同士がもともと顔見知りだった方もいらして、お世話をしている様子も見受けられます。
これからも穏やかに過ごしていただけるよう、丁寧にかかわっていけたらと思います。

(看護部)