トピックス トピックス

2013.05.232012年度 看護研修のご報告

今回は、2012年度の2~3年目研修について、ご紹介を兼ね、ご報告致します。
この研修は、病棟業務に慣れ、後輩を教え始める卒後(正看護師)2~3年目を対象に、看護をより深く学ぶことを目標にした研修で、年に2回実施しています。

第1回目は、2012年9月7日に症例検討会を行いました。患者様との関わりの中で起きている困りごとや疑問を、グループワークを通じて問題の捉え方の転換や対処方法について話し合いました。

第2回目は、2013年1月18日に救急看護に関し、グループワークと一次救命処置の実践を行いました。グループワークでは与えられた情報の中で的確な看護判断ができ、緊急事態発生時に優先度をつけ速やかな行動につなげられるよう、学びました。また、急変時、広い視点から必要な人・物・役割を理解し、調整するなどのリーダーシップやチームワークの重要性を共有し、それらを踏まえ一次救命処置の実践を行いました。参加者8名で一つひとつを再確認しながら行い、どの参加者も実践さながらに真剣に取り組んでいました。
終了後は振り返りをしましたが、時間が足りないくらい活発な意見交換が行われ、充実した研修となりました。

今後も、院内での研修の取り組みについて、ご報告していきたいと考えております。