トピックス トピックス

2014.11.14第19回 翠会ヘルスケアグループ 地域精神保健学会に参加しました

11月7日、ベルサール新宿グランド コンファレンスセンターで「第19回 翠会ヘルスケアグループ 地域精神保健学会」が開催されました。当院からは約100名のスタッフが参加しました。翠会ヘルスケアグループ九州地区および関東地区の各事業所より約320名の出席者が参加し、熱気に包まれた一日となりました。

特別講演では、公益財団法人東京都医学総合研究所の糸川昌成先生が「統合失調症の解明に挑む~臨床家がなぜ研究をするか~」というテーマでお話をいただきました。遺伝子の塩基配列異常やAGESの蓄積とそれによるビタミンB6の枯渇、治験の結果など専門的な話を、とても分かりやすく、また色々と苦労したエピソードを、楽しく笑いを入れながら話して下さいました。最後には精神科医であり研究者になろうとした"原点"に会場内がホロリとしました。今回参加した多くの職員が自分自身の原点も振り返り、未来への勇気ももらえる、そんな素敵な時間になりました。


特別講演後は研究発表、一般演題発表、シンポジウムと続きました。
当院からは、研究発表として「アルコール依存症者へのアサーショントレーニングによる再飲酒予防への効果の検証 その2」
一般演題では「排便は健康のバロメーター ~腸から超元気~」「病棟における目標管理の一例 ~看護サービスの質の向上を目指して~」「アルコール依存症患者の胆嚢結石保有率」「認定看護師会の取り組み報告 ~認定看護師会発足4年目の活動から~」の4つの演題を発表、また2名のスタッフが一般演題とシンポジウムの座長を務めました。

当グループでは、年に一度、九州地区と関東地区持ち回りでグループ内学会を開催し、互いの実践を報告しあい、意見交換を行います。今回の学会でも、学会およびそれに前後して行われた交流会の場で、グループとしての一体感を高めることができました。

広報委員会 一同