トピックス トピックス

2016.12.16看護教育委員会 取り組み発表会

当院では看護の質向上をめざし、研修の一環として毎年看護部取り組み表会(看護研究発表会)を開催しています。この発表会では、10病棟と外来の看護師が1年かけてそれぞれの課題に取り組んだ成果を発表しています。

何年も継続して一つのテーマに取り組んだり新しい看護を試みたりと、今年もユニークな取り組みがたくさん発表されました。

「もっと自分たちにできることがあるのでは...」「いつもやっているけど、本当にこれでいいのかな...」「患者さんの気持ちに寄り添いたい。」看護師たちの素朴な疑問や希望から取り組みは始まります。そして日頃の看護を丁寧に振り返り新しい知見を取り入れながら深化させていく、そんな熱意と絶え間ない努力が伝わってくる発表会でした。

今年で11回目を迎え、年々内容が充実し院外で発表する病棟も出てきました。これからも、サービスを利用してくださるすべての方を思い描きながら、看護の質向上を目指していきたいと決意を新たにする一日となりました。

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

<各病棟の発表>

「SAS」をカタチに~どう見られている?・何をしてきたか?の視点から~

B2(慢性期)病棟

看護師のカンファレンスに対する意識変化を目指して

~ショートカンファレンス導入による意識変化~

A2(スーパー救急)病棟

病棟隔離室開放計画 ~長期行動制限解除への道のり~

B3(慢性期)病棟

「生活リズムを整えるケア」~石鹸洗顔を試みて~

C2(身体合併症)病棟

内科病棟のエンゼルケアについて更にとことん考えてみました!

内科病棟

アルコール病棟における看護師の燃えつきについて

~アンケートを実施して~

A1病棟(東京アルコール医療総合センター)

高齢者の皮膚乾燥へのアプローチ ~乾燥肌VS白色ワセリン~ 

C3(身体合併症)病棟

当院で行われているクロザリル外来の実際

~外来通院患者へのかかわりを通して見えてきたもの~

外来

都事業を活用した退院支援

C1(社会復帰)病棟

急性期に移行して見えてきたもの

~限られた期間の中で全職種と連携し患者中心の看護へ~

B1病棟(東京心と体の

ストレスケアセンター)

身体拘束患者の気持ちに寄り添う ~かとこやチェック表作成~

A3(スーパー救急)病棟