トピックス トピックス

2016.04.14センター長退任のご挨拶

 このたび私は平成28年4月に東京こころとからだのストレスケアセンターのセンター長を退任することになりました。平成25年6月の開棟から約3年間センター長を勤めさせていただきました。私個人としては医師として大変貴重な経験をすることができ、直接入院治療を担当させていただいた患者様、ご入院頂いた患者様とそのご家族、病棟スタッフ、病院関係者の方々にこの場を借りて厚く御礼申し上げたいと思います。

 当センターは開放病棟であるため、患者様の治療に対する協力なしでは成り立たない病棟です。センター長として、在任中大きな事故もなくやり通せたのは、スタッフの協力はもとより、患者様とそのご家族の皆様の協力があったからこそだと思っております。

 退任後は、地域医療に貢献するため、近隣で開業することとなりました。以前から、地域医療の最前線といえる市中のクリニックでどれくらい自分ができるのか、やってみたいという希望がありました。心持ちとしてはこのセンターを卒業し、新たな取り組みを始めるという感触を持っております。立場は変わりますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。      藤内栄太