ストレス関連の疾患とは 気分障害

うつ病

うつ病とは「眠れない」「食べられない」「やる気が出ない」「何をしても楽しめなくなった」などの身体の症状や気分の落ち込み、そして意欲の低下などが長期にわたって続くことにより、生活に大きな支障をきたす病気です。
発症には様々な要因が絡み合っていると考えられています。生活上のストレス(環境の要因)や、その人のもともとの性格傾向、さらには脳内にある神経伝達物質のバランスの崩れなども症状と関係があるといわれています。
うつ病の患者さんは心身のエネルギーが枯渇した状態にあるため、治療では日常のストレスから離れた環境の中で十分な休養をとりながら、抗うつ薬を用いた薬物療法によって、症状の軽減とエネルギーの回復を図っていきます。

双極性障害

最も大きな特徴は、症状に波があることです。患者さんは、うつ状態で過ごすことがほとんどなのですが、ときおり数日から数週間、気分が高揚し「浪費してしまう」「眠らなくても調子が良い」といった、そう状態が出現します。このように、症状の波によって調子が良い時が出現するため、うつ状態で辛くて横になっている時などに、他の人から「怠けている」と誤解されることもあります。
原因としては、うつ病と同じように環境によるストレスや、もともとの体質的な素因など様々なものが影響していると考えられています。
治療は、気分安定薬と抗精神病薬による薬物療法が中心になります。また、患者さん自身が自分の病状について理解し、自分なりに症状をコントロールする方法を学ぶことも重要です。