ストレス関連の疾患とは 適応障害

適応障害は、はっきりとしたストレス因子が引き金となって、気分の落ち込みや興味関心の低下、不安や焦燥感といった症状が現れる疾患です。
抑うつや不安症状の他に、集中力の低下やイライラ感のために、普段とは違う行動をとってしまい、誤解を受けるなど職業上や対人関係での葛藤を深めてしまう場合もあるため、怠けや性格の問題とするのではなく、周囲の人々の理解と症状の早期発見が大切です。