治療について 治療方針

当センターの治療方針

  • ・それぞれの患者さんの社会復帰にあわせた治療目標をめざします
  • ・できるだけ短い入院期間をめざします
  • ・できるだけ患者さんの負担の少ない治療をめざします

それぞれの患者さんの社会復帰にあわせた治療目標

うつ病は、残念ながら再発率が高い病気で、約60%の方が再発するといわれています。日常生活の忙しさを優先し、ついつい無理した結果、調子を崩してしまうことが多いようです。特に、休職して治療し、復職された患者さんの場合、復職後の再発率が高くなります。このため、昨今、多くの職場で職場復帰のための対応がなされるようになりました。しかしながら、再発を十分に防げている状況ではありません。
患者さんが退院後に、ご自宅での生活や復職をスムーズにできる状態になることが、私たちの入院治療の目標です。患者さんを取り巻く環境を考慮しながら、治療目標を設定し、主治医を含むチーム医療で取り組んでいます。

できるだけ短い入院期間

うつ病を含む精神疾患を患って休職されると、働けないことによる収入減への心配が生じがちです。当センターではこうした経済的な状況も踏まえ、できるだけ短い期間での入院治療についてもご相談に応じます。
一日でも早く退院していただくために、病棟担当医は、すべての患者さんについて毎週複数回の診察を行っています。また、作業療法のプログラムも土日を除いて毎日用意しております。

できるだけ患者さんの負担の少ない治療

たとえば、薬を減らす際にイライラが生じることがありますが、その苦痛を和らげるために、できるだけ時間をかけながら減らすこともできます。また、我慢できる患者さんについては、安全性に配慮しながら最大限早く薬を減量するということも選択肢として考えます。このように、患者さんのご希望と状態に応じて治療を進めてまいります。

ストレスケアセンターでの治療の実際

ストレスケアセンターでの治療

当センターでは、薬物療法、精神療法、作業療法、心理教育、集団療法などの治療を行います。これらの治療は相互に作用しており、複数の治療法によって単なる足し算以上の効果が得られると考えられます。
 
ひとりの患者さんを、ひとりの医師だけで診るのではなく、看護師、臨床心理士、作業療法士、精神保健福祉士など複数スタッフが関わることによって、より多くの情報が得られるようになります。患者さんの情報を互いに共有し、患者さんの治療について話し合いを持ちながら、多職種のスタッフによるチーム医療を進めます。チーム医療を行うことで患者さんへの理解を深め、様々な視点から回復への道筋を探します。

患者さん同士のコミュニケーション

患者さんが、同じような病気で苦しんでいる別の患者さんと話し合うことによって、お互いに支え合ったり、ひとりでは越えることが難しい回復への道のりをすんなりと越えることができたりすることがあります。入院したばかりの患者さんが、退院が近い患者さんに出会うことで、ご自身の治療の経過のイメージが湧きやすくなることもあります。ストレスケア病棟では、集団療法、作業療法、心理教育を行いながら、このような患者さん同士の関わりが円滑に進むことを心がけていきます。