スタッフからのメッセージ 看護スタッフ

看護師長 山口 理(おさむ)

「東京こころとからだのストレスケアセンター」のサイトへ、
ようこそお越しくださいました。

看護師長の山口です。

HIMG0216.JPG患者さん一人一人と向き合い、優しさと思いやりをもって、心に寄り添う看護を目指していきますので宜しくお願いします。
私たち看護師は、五感をフルに活用して、入院された方々へのケアを行っています。五感のなかでも、当センターでは特に「聴くこと」を大事にしています。患者さんの心身の不調は、一見しただけでは分かりにくいものです。どんなことで困っているのか、今どんな気持ちでいるのか、どんな辛さに耐えているのか、など、できる限りお話をお聴きするようにしています。こうしたアプローチを通して、病いを患うことで抱える苦悩に少しでも近づき、患者さんの「今」、そして「これから」の生活を過ごしやすくするための道を、共に探っていけたらと思っています。