スタッフによる病棟紹介

C1病棟(社会復帰病棟)

C1病棟は、急性期を過ぎ、症状の安定した患者さんが地域に戻って生活するために、必要な事柄を学習し、退院のための調整をしていく社会復帰病棟です。
ひと言で社会復帰と言っても、退院調整は多岐に亘り、精神科医師、看護師だけではなく、精神保健福祉士、臨床心理士などのコメディカルスタッフと連携して行います。患者さんがその人らしく生きていくために必要なケアを、患者さんとスタッフが共に考えていきます。
また、自立した日常生活を送るために大切な訓練の一つとして、身の回りのことをできるだけご自身でやっていただくことも、当病棟の特徴です。
病棟プログラムをご紹介します。



月曜日 健康茶や 体操や軽スポーツ、園芸を通して、体力の向上や体調管理の技術を磨きます
火曜日 コミュニティミーティング 日頃感じていることを話したり、他の人の話を聞く場です
水曜日 チャレンジメイト 話し合いで実施内容を決め、調理、外出、ゲームなどの企画に挑戦します
病棟ミーティング(第一水曜日) 病棟生活や入院治療についてみんなで考え、話し合う会です
木曜日 ミュージックサークル 合唱、合奏を通して、頭を使ったり、新しいことに挑戦し、自信へつなげていきます
金曜日 カナリア 音楽のかかった部屋でのんびり、マイペースに過ごす時間です

このように毎日プログラムがあります。日常生活を営む力、社会生活能力の維持と改善を目標にしています。