外来 地域における支援

-「地域支援室」による支援活動 -

当院では、訪問支援や生活支援を役割とする「地域支援室」を設けています。外来通院されている方が安定して生活できるよう訪問支援したり、退院を考えている方が安心して地域生活を迎えられるよう生活支援するなど、円滑に社会復帰していただくために様々な支援活動を行っています。

【訪問支援】

地域支援室には訪問支援を専門とする精神保健福祉士がおり、患者さんのご自宅を訪問して、家庭や地域のなかで安心して生活が送れるよう支援しています。「病気とうまくつきあいながら日常生活を送りたい」「薬がきちんと飲めるか心配」「お金のやりくりが難しい」などの心配ごとにも、患者さん一人ひとりの生活に即したきめ細かな支援を行い、自分らしい生活づくりを応援します。

利用の対象となる方

当院精神科外来に通院している方が対象となります。

費用

各種保険および自立支援医療制度が適用できます。

なお、スタッフが公共交通機関を使用した場合の実費は、
別途ご負担いただくこととなります。

【通院および入院患者さんの地域生活支援の相談窓口】

患者さんご本人やご家族からの相談をお受けしています。患者さんやご家族と一緒に考え、問題を解決していくお手伝いや、その人らしく生活できるようにするための様々な支援を行っています。

それぞれ担当医師、病棟看護師などと連携を取りながら行っています。

外来通院中の患者さんに対して

各種書類の相談・作成
障害年金や各種制度(サービス)についての相談
日中の活動場所(デイケア・作業所など)の相談・見学同行 など

入院中の患者さんに対して

入院中・退院後の心配ごとの相談
退院するために必要な支援やお手伝い
退院前の訪問支援による生活指導・環境整備
関係機関との連絡、調整 など

【生活の場の提供】

「退院してひとり暮らしをしたいけれど保証人がいない」「アパートがなかなか見つからない」など困っている方のために、当院が民間アパートを借り切って提供しています。住まいの名は「ワーナーハウス」。「ワーナー」は「We Are Not Alone」の頭文字を取ったもので、「わたしたちはひとりじゃない」の意味を込めています。当院がアパートの大家さんのような役割を担いながら生活支援を行っているので、安心して生活していただけます。

「ワーナーハウス」

  • ・入居を希望する際には入居選考会があります。
  • ・施設と違って入居期限がないので、2年ごとに更新していけば次の住居を心配する必要がありません。
  • ・入居者の方には、定期的な通院と訪問看護・デイケアなどのサービスを利用していただいています。
  • ・ご入居の皆さまに対し、地域支援室では、「トイレが詰まった」「電球が切れた」などの住環境に関する小さな相談から、日常生活や人間関係に関する相談、治療に関する相談まで、幅広い困りごとをお受けするなど、必要な支援を行っています。
  • ・入居者の方からは、「退院して良かった」「自由な生活が得られて嬉しい」「同じアパートに知っている人が住んでいるから安心」「スタッフにすぐに相談できるので安心」などの声が寄せられています。