入院について 病棟案内

各病棟を紹介いたします。

  • A1病棟(東京アルコール医療総合センター)

    アルコール依存症の方を対象とした急性期治療病棟です。心身の機能を回復し、お酒のない生活が送れるよう支援いたします。また、ご家族に対するサポートにも力を入れています。

    ⇒詳しくはこちら

  • A2病棟 A3病棟(精神科スーパー救急病棟)

    当院では100床の精神科救急病棟を有しています。精神的に不安定になり、生活に支障をきたしている方を対象に、短期間(3ヶ月)を目安に治療を行う病棟です

    ⇒詳しくはこちら

  • B1病棟(東京こころとからだのストレスケアセンター)

    ストレス性の疾患をお持ちの方を対象とした病棟です。特に働き盛りの世代の方の、速やかな社会復帰に力を入れています。

    ⇒詳しくはこちら

  • B2病棟 B3病棟(慢性期病棟)

    入院期間が一定以上に長くなった方に対し、リハビリテーションを継続的に行います。また、相談体制を整えるなど退院に向けての支援を行っています。

  • C1病棟(社会復帰病棟)

    開放病棟となっています。外出や外泊の訓練をしながら、退院に向けて準備を進める社会復帰病棟です。

  • C2病棟 C3病棟(身体合併症病棟)

    精神疾患に身体疾患を合併している方を対象とした病棟です。長期の入院を必要とされている患者さんも多いため、安らげる雰囲気のもと、起こりうる病気の予防を心がけています。

  • 内科病棟

    ご高齢の方や認知症の方を対象に受け入れをしています。在宅管理が困難な疾患の患者さんや、終末期医療などの患者さんについても積極的に入院受け入れを行っています。