治療について リハビリテーション

病棟プログラム

離脱症状への精神、身体面での治療と並行して、プログラムを実施しております。 プログラムを通して自分の飲酒欲求を振り返り、お酒のない生き方の探索、健康な身体や感性の回復を目指します。

勉強会

医師や看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士などが講師となり、様々なテーマでアルコール依存症に関連する講義を行います。多様な角度から依存症の理解を深めていきます。

ビデオ学習

アルコール依存症に関する映像教材や、依存症をテーマとした映画やドキュメンタリーを鑑賞し、依存症への理解を深めます。

グループワーク

10数人程度の小グループに分かれて、テーマに沿って1人ずつ話をしていきます。言いっぱなし聞きっぱなしのグループワークなので、気楽にご参加いただけます。

Re楽っくす

リラックス法を体験・実践するプログラムです。入院するまではリラックスするためにアルコールを飲んでいた方が多いのですが、依存症とつきあっていくためには断酒が必要不可欠です。「Re楽っくす」ではアロマセラピーや呼吸法、ストレッチなど、アルコールに代わるリラックス法に取り組んでいます。

超一流手抜きクッキング

ほんのひと手間・短時間で作れるおいしい料理を紹介し、患者さんとスタッフで実際に作って食べるプログラムです。空腹は飲酒欲求を呼び起こしやすいといわれています。断酒生活の敵である空腹を、未然に防ぐための超簡単料理のレシピを毎回紹介します。また病棟のウッドデッキで野菜を育てたり、実った野菜を収穫しすぐに料理して試食するなど、自然や季節を味わえるプログラムでもあります。

アートカフェ

テーマに沿って絵を書いたり、物を作ったり、様々な創作活動を行うプログラムです。絵を描くことが苦手という方も多いかと思いますが、上手い下手を競うプログラムではありません。自由に自分のペースで、自分だけの表現を行う、気持ちの良い時間を過ごしてください。