入院について 入院までの流れ

相談から入院までの流れと諸手続きをご紹介いたします。

センター相談窓口(03-5998-0051)までお電話ください。
相談員がお困りのことなどについて、簡単にお話をうかがいます。
その後、来所相談の日時を予約調整いたします。
ご本人とご家族、または関係者の方に来院していただき、お困りのことや生活状況、医療機関での治療状況などについて、当センターのスタッフがお話をうかがいます。 なお、ご相談は無料となっております。
入院日が決まりましたら、入院前に一度ご来院いただき、血液検査・腹部エコー・心電図などの身体検査を受けていただきます。
検査外来は午前中いっぱいお時間をいただいております。

※検査結果が出るまでに日数を要するものがあるため、相談から入院まで最低1週間はかかります。

入院時の診察や入院手続きなどについて、スタッフがご案内いたします。

入院への同意

上記「2 来所相談」の際には、治療の流れやARP(アルコール・リハビリテーション・プログラム)についてご説明いたします。これらにご同意いただいた上で、入院のご予約をお取りします。 また、アルコール依存症はご家族の方の治療への協力が必要となる病です。協力とは、具体的には「家族教室」や「家族ミーティング」といった、ご家族向けのプログラムへの参加などになります。したがって、ご家族の方からも治療、および協力について同意をいただいた上で、入院いただきますことをご承知おきください。

入院手続きに必要なもの

入院手続きに必要なもの
  • ・印鑑(シャチハタ以外)
  • ・保険証
  • ・入院保証金* 60,000円
  • ・自治会費 1,000円

*入院保証金は入院時にお預かりし、退院の際にお返しいたします。
 預り証は大切に保管し、退院時に必ずお持ちください。
 
その他のお持ち物は、入院が決定した時点でご案内します。