スタッフからのメッセージ 看護スタッフ

副センター長(看護師長)  韮澤 博一

近年、複雑で変化の激しい社会情勢の中、様々なストレスを抱え、アルコール依存症で苦しんでいる方の相談が絶えません。社会の高齢化と平行して、当センターに入院中の患者さんの3割近くが60歳以上の方となっており、入院相談では年々、70歳や80歳の方の相談が増えています。

また、アルコール依存症で入院された女性の患者さんにおいては、過去にAC(アダルトチルドレン)*として厳しい家庭生活を乗り越えてこられ、その後結婚し、子どもを授かり、平穏な家庭生活を希望しつつも、たくさんの問題を抱えて入院されているケースも数多く見受けられます。また、患者さんやご家族から、お子さんが不登校や情緒不安定になって困っている、などのご相談も数多く寄せられています。このように、アルコール依存症はご本人の問題にととまらず、家庭内に様々な問題を引き起こす病でもあるのです。

当センターにおいては、その人(年齢・性別・仕事・家族問題)にあった治療プランを提案し治療に臨みます。身体問題は内科医が複数体制で総合的な検査を行い、多臓器疾患のチェックを行っています。
早期発見・早期治療の観点から、2011年(平成23年)度より保健所・警察・救急隊・行政・一般の総合病院・自助グループなどで連絡協議会を立ち上げ、板橋区内におけるアルコール関連問題の地域連携の強化にも力を入れています。また、従来の家族支援はもちろんのこと、世代間連鎖の予防として、「子どもプログラム」を継続的に行っています。これは日本の専門医療機関では、初の試みです。
その時代に合ったアルコール専門医療がご提供できるよう精進していきたいと存じます。

*AC(アダルトチルドレン):親から虐待を受けたり、アルコール依存症の親がいる家庭で育ち、その体験が成人になってもトラウマとして残っている方のこと。

認定看護師  鈴木 良平

依存症という病に巻き込まれた当事者やご家族が、より健康的な選択をして回復へ向かうために、看護師としてどのようなサポートができるのか?この、「自己選択への援助」について日々考えながら、ケアの実践を行っています。また、最近はアルコール依存と自殺やうつとの因果関係も指摘されてきています。しかし、社会的認知度はまだまだ低く、専門治療につながる人は少数で、「病気」とは理解されず偏見が根強いのが現状です。今後は、専門医療を担う看護師として一般科や行政、企業、リハビリ施設などとも連携を図り、アルコール依存症者の早期発見・早期治療に努めていきたいと考えています。

※認定看護師:精神科の看護領域において、優れた看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる看護師のこと。認定看護師を社会に送り出すことにより、看護現場における看護のケアの質の向上を図ることを目的として、特例社団法人日本精神科看護技術協会より認定されています。