病院概要 各委員会活動

「医療の質」と「サービス向上」を目的として、様々な委員会活動を行い、基本理念および基本方針に掲げられている「安心」「安全」な医療の実現を追求しています。主な委員会についてご紹介します。

・安全管理に関するもの

安全管理委員会

医療事故を防止し、患者さんへ安心で安全な質の高い医療サービスを提供するため、当院における医療安全管理対策を統合的に企画実施する活動を行っています。医療に関わる安全管理指針に基づき、事故発生時の適切な対応と再発防止のための分析を行うとともに、職員への医療安全教育に努めています。

リスクマネジメント委員会

医療事故ゼロをめざすため、リスク要因の事前チェック体制を構築しています。リスクマネジャーを専任で配置し、常に院内全体への目配りを行っています。

院内感染対策委員会

患者さんおよび職員を感染から守るための取り組みを行っています。また感染を未然に防ぐよう、感染情報の収集に努めています。

情報セキュリティ委員会

患者さんの個人情報の保護を推進し、適切に管理する活動をしています。 

行動制限最小化委員会

患者さんの人権を守るために、身体拘束など行動の制限を最小にする努力をしています。 

褥創(じょくそう)対策委員会

医師、看護師が中心となり褥創予防対策を策定し、病棟での褥創予防に働きかけています。また、褥創の速やかな治癒をめざし、対応を行います。

防災対策委員会

防火・避難施設・消防用設備などの点検・維持管理を行います。自衛消防隊を組織し、職員の防災意識を高め、発生時の適切な対応に向けた消防訓練を行うとともに、災害特に火災を事前に防止する活動を行っています。

・サービスに関するもの

医療の質とサービス向上委員会

患者さん・ご家族のご意見を迅速に病院運営に反映するための活動を行っています。

薬事審議会

新規購入薬剤やジェネリックの採用、および使用を中止する薬剤について検討します。また、勉強会などを通し、これらの薬剤に関する情報を院内に提供しています。

栄養会議

入院中の患者さんにとって楽しみである食事について、より良いサービスが提供できるように努めています。