特徴的な取り組み 救急医療への取り組み

当院では「スーパー救急病棟」を2病棟設置しています。精神症状によって混乱したり、生活に支障が生じている急性期の患者さんに対して、短期間で集中的な治療を行い、速やかな退院・社会復帰をめざす病棟です。多様な精神疾患をお持ちの方に対して、早急な治療対応で救急・急性期の精神症状の緩和を図ります。

当院の精神科救急病棟は都内有数の100床の規模を有し、年間約1200名のご入院があります。また、医師や看護師、精神保健福祉士をはじめとしたスタッフを十分に配置し、患者さんを様々な側面からサポートできる体制を整えています。
多くの患者さんを治療した実績と充実したスタッフの配置により、私たちは様々な症状や社会的背景をお持ちの患者さんに対応することができます。

一般精神障がい対策の体制